2007年5月11日金曜日

チーム・マイナス6%

今日、ある企業のホームページを見ていたら、たまたま見つけたのですが、地球温暖化防止のために、日本国内で「チーム・マイナス6%」という取り組みが行われている事を知りました。さっそく、自分も地球民の一人として、「チーム・マイナス6%」に参加して、改めて我が家の温暖化対策について考えてみたいと思います。
我が家でも、普段から電気をこまめに消したり、冷暖房を節約したり、レジ袋は自分で持っていったりなど、環境問題には比較的取り組んで来たつもりです。今回は、「チーム・マイナス6%」の6つのアクションに沿って、我が家の温暖化対策としてどういった事をやっているか、紹介したいと思います。

Act1:温度調節で減らそう
最近、マンションを購入した事もあり、比較的風通しの良い物件を選んだため、夏場はほとんど、冷房を使っていません、ただ、そのかわりに、冬場は非常に寒く暖房が欠かせないのですが、エアコンは利用せず、オイルヒーターを使う事で、CO2 を排出せずに部屋を暖めて工夫しています。しかし、オイルヒーターは中々、部屋全体をすぐには、暖めてくれないので、エアコンで暖める事もしばしば、、、(--;

Act2:水道の使い方で減らそう
水を利用する場所と言えば、もちろん、お風呂・トイレ・キッチン・洗濯、お風呂は夏場はシャワーだけで済ませたりする事で、かなり節水と思われます、トイレは特に気を使った事がないけど、最近のトイレは節水タイプになっているので良いかな?キッチンでは、食洗機を使う事で、結構、節水されているはず?洗濯は、ドラム式を購入したので、ある程度節水タイプなはず。。。こう考えてみると、水回りは気を使うというよりは、仕組み的に節水になるものを利用する事で、かなり節水されていると思われます。

Act3:自動車の使い方で減らそう
ってか、免許もって無いんで乗れないのですが、ただ、免許を取ったとしても、レンタカーしか使わないつもりです。何故かというと、比較的都心に近い所に住んでいるため、交通の便が良いので、電車の利用でほとんど、どこにでも行けます。それに、車を利用しなければならない所に行く事は、ほとんど無いため、車の維持費を払うくらいなら、きっとレンタカーで借りた方が、断然、お得のはずです。

Act4:商品の選び方で減らそう
先ほど紹介したオイルヒーターもそうですが、新しいものは、どんどん省エネが進んでいます。我が家のテレビは、液晶テレビなのですが、もちろん、省エネモデルですが、テレビは最近、ブラウンから、液晶やプラズマに替わりつつありますが、省エネはやっぱり、液晶です。液晶は、プラズマの半分ぐらいなので、ぜひ液晶モデルの購入をオススメします。

Act5:買い物とごみで減らそう
買い物と言えば、やっぱりレジ袋ですが、我が家の近くには、OKストアというスーパーがあるのですが、そこでは、レジ袋を1枚6円で販売しています、なので、ほとんどのお客さんが、自分で袋を持って行っています。レジ袋を販売する事で、その分のコストを販売商品に還元して、商品単価を下げる努力をしているようです。そういった努力もあり、OKストアは毎日お客さんでいっぱいです。OKストアに関する情報はこちらが詳しいです。

Act6:電気の使い方で減らそう
もちろん、スイッチ付きコンセントで、ひとつひとつ使ったら消すようにしています、寝る前はもちろん、家を出る時にも、最低限必要なもの以外は消すようにしています。


といったわけで、我が家の温暖化対策を紹介してきましたが、ホントにニュースとかでもやっているように、世界の温暖化は深刻な問題です、、根本的な対策も必要ですが、一人一人の努力も必要ですよね、地球のため自分のため、そしてなによりも、これから未来を担って行く子供たちのために、温暖化を防ぐ努力をしていきたいと思います。

1 件のコメント:

Mitz さんのコメント...

大切ですよね。うちでは打ち水などもやってます。基本は自転車で移動したり。

最近の投稿